機構学理論と装備設計教育部重点実験室

2018-11-08

2010年に、教育部の許可を得て、機構学理論と装備設計教育部重点実験室は設立されました。本実験室は、天津大学の機械デザインと理論という国家重点学科、機械工学という一級学科に依拠し、世界の先端に向け、製造装備、エネルギー装備、航空宇宙事業、海洋工学等の国家と地域産業の成長による戦略的なニーズに緊密的に結びついています。また、装備の自主デザインを旨に、機械機構科学を導き、現代のデザイン技術を支えとし、天津大学の機械工学学科の大型?複雑な装備の設計と応用の面における科学研究の優位性と基幹的な役割を十分に果たし、「現代機構学理論と方法」という核となる課題をめぐって、現代の数学理論とデザイン技術と結ぶことにより、現代機構学の基礎理論、サービスロボットのデザイン理論と方法、ハイレベルな工業装備のデザインと製造技術等の内容に関する研究を体系的に行います。そのほか、国家の大型工程に対する要求と結び付け、カギとなる装備デザインのボトルネック課題を突破することにより、大型?複雑な装備の自主的デザインに支えとなるプラットフォームを提供します。


不朽の精神の北洋大学と天津大学は代々伝わるキャンパスである

江苏快三-首页